次世代の地域福祉を担う地域おこし協力隊員を募集中です

栄村社会福祉協議会は栄村とともに、「誰もが住み慣れた集落で安心して暮らせる福祉サービスの構築」を進めており、各種サービスの改善と人材育成を行う「総合福祉プロジェクト」を推進しています。

そのアクションの1つとして、社協の地域福祉事業(※下記参照)に携わっていただきながら、やがては栄村の福祉現場の担い手となってくださる「地域おこし協力隊(福祉関係)」を平成29年度から社協にて受入れます。自然豊かな里山の暮らしをしながら、地域を知り、住民の方と馴染み、取り組み方によっては地域福祉のエキスパートになることもできます。そのために、福祉や介護に必要な資格取得や研修への参加も積極的に行っていただきます(研修参加、受講、資格取得費用は村が負担。ただし、村の認定が必要)。

平成29年4月着任分については、1月6日(金曜日)が締め切りです(当日消印有効)。持続可能で日本の先進事例となる地域福祉を一緒に実現してみませんか。ご応募をお待ちしています。

募集要項、応募書類は栄村ホームページをご覧ください。

栄村ホームページ(外部サイト) 栄村地域おこし協力隊員(福祉関係)を募集します 

 

今後も随時募集します。平成29年1月15日(日曜日)には、東京ビックサイトにて開催される「JOIN移住・交流&地域おこしフェア」の栄村(秋山地域おこし協力隊募集)ブースにも、社協の受入れ担当者が常駐し、ご質問にお答えいたします。首都圏にお住まいで、これからの地域福祉に興味をお持ちの方は、ぜひお越しください。

一般社団法人 移住・交流推進機構(外部サイト) JOIN 移住・交流&地域おこしフェア詳細

 

栄村地域おこし協力隊員(福祉関係)

業務概要:栄村社会福祉協議会に勤務し、以下の事業に携わりながら地域になじみ、任期終了後は定住・就業することをめざした活動。
(1)高齢者見守り事業/ (2)介護保険法に基づく在宅介護事業
(3)婚活支援事業/ (4)子育て支援事業/ (5)ボランティアセンター事業(コーディネート、協働)
(6)地域福祉の担い手となる資格取得・研修への参加
対象者:次の(1)~(7)のすべてに該当する方が応募できます
(1)平成29年4月1日現在で概ね満20歳以上50歳以下の心身とも健康な方
(2)現在、三大都市圏をはじめとする都市地域に在住し、採用後栄村に住民票を異動し、栄村を生活の拠点とできる方
(3)地域福祉や在宅福祉について関心があり、持続可能な地域づくりに意欲を持てる方
(4)栄村に定住し地域の担い手になろうという意欲のある方。
(5)普通自動車運転免許を持っている方
(6)基本的なパソコンの操作ができる方(Excel/Word)
(7)地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方
勤務地:栄村社会福祉協議会
※栄村で雇用後、栄村社会福祉協議会に派遣し活動していただきます。

その他、詳しくは栄村ホームページをご覧ください。