令和2年度「赤い羽根共同募金」活動が始まりました!

令和2年度「赤い羽根共同募金」活動が始まりました! 村内での受付期間は11月30日までとなります。

 

戦後間もない1947年に「国民たすけあい運動」として立ち上がり、時代の変遷とともに、今は社会福祉事業支援が主な目的になっています。誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるよう「自分たちの村の福祉は自分たちで良くしていこう」という想いに、多くの皆様からご賛同いただき、令和元年度は約407,000円が集まりました。集められた募金の7割以上が村内の福祉活動支援に使われます。

 

本年度は、栄村内で400,000円を目標にして取り組んでいます。もちろん、募金は強制ではなく、あくまでも自主的なご判断によりお願いをするものですが、募金へのご協力をお願いします。

赤い羽根共同募金(公式サイト) (外部リンク:「赤い羽根共同募金」が開きます)