生活福祉資金貸付(特例貸付)の申込期間再延長のお知らせ

10月9日付でお知らせしました「緊急小口資金特例貸付」および「総合支援資金特例貸付」の受付期間が、令和3年3月末日まで再延長されました。

社協では、新型コロナウイルス感染症の影響で、休業や失業等により収入が減少し、生活費にお困りの方に対して、特例貸付制度のご相談を継続して受け付けます。以下の手順でご活用ください。

① 栄村社協へ電話にてお問合せください。(電話:0269-87-3450)

② 担当の職員がお話を伺い、貸付についての詳細について、ご説明いたします。

※担当職員が不在の場合、こちらから折り返しの連絡となります。

③ 貸付をご希望される場合、社協事務所にお越しいただきます。

 

年末年始の事務手続きについて

 令和2年12月26日(土)から令和3年1月3日(日)の間、事務については年末年始休業となり、貸付手続きはできません。ご了承ください。

※貸付事業であり、償還(返済)していただく必要があります。

※総合支援資金の延長(追加申請)は1回までです。

緊急小口貸付等の特例貸付について(Q&A) (「全社協ホームページ」が開きます)